牧場の仲間たち
牧場の仲間たち
代表
吉川 友二
1964年生まれ
1964年、東京オリンピックの年に長野県上田市に生まれる。

幼少時代に遊び場である自然が破壊されていくのを体験する。
将来は自然保護か農業をしたいと思っていた。

夢をかなえるために北海道の大学に進学する。

卒業後は道内の有機農業の農家を巡って修行をする。
草食動物である牛に穀物を沢山食べさせて、一年中畜舎に閉じ込めて乳生産量を追及する酪農に疑問を持つ。

ニュージーランドでは穀物なしで酪農をしていると聞き、ニュージーランドへ渡り4年間酪農を学ぶ。
日本で放牧酪農を普及することで酪農家の経営改善や食糧問題・環境問題に貢献できると確信する。

2000年に足寄町に移住をしてありがとう牧場を始める。
耕作放棄地を放牧によって牧草地によみがえらせる。

チーズを作る夢を持った本間幸雄と「しあわせチーズ工房」を立ち上げる。
宍倉優二と二つ目のチーズ工房を作る。

二つを結んで「足寄やまなみチーズ街道」と呼んでいる。

住んで・訪ねて楽しい農村をみんなで作るのを生きがいにしている。
子牛哺乳、アイス、牛乳製造担当、肉販売関係担当、事務仕事担当
吉川 千枝
いのしし年の7月13日生まれ
富山県黒部市出身

好きなこと…庭いじり、庭見学、パン作り、温泉に浸かって一日の終わりにぐっすり寝ること!!
チーズ職人
宍倉 優二
静岡県沼津市出身。
元スポーツカメラマン。

札幌で酪農とは無縁の20代を過ごしましたが、(仕事はそこそこに、山登りとスキーばかりやっていました)自然の中で暮らしたいという思いと、
漠然とした農業への憧れが湧き始め、そして「牛乳の未来」(野原由香利さん著)を読んで酪農の世界へ飛び込む決心をしました。

本の中にも出てくる吉川さん(北大山スキー部の先輩です)を訪ねたのがきっかけで、足寄町に来ることになりました。

2016年の秋からありがとう牧場の牛乳でチーズ作りを始めました。

2017年の冬からブルーチーズ「オンネトー」の販売を始めました。
商品の購入、年間会員の応募、その他お問い合わせはコチラからどうぞ!

TEL

0156-26-2082

FAX

0156-26-2082